中国一覧

NO IMAGE

イラン戦争?トランプ大統領のイランに対する我慢が限界に近い

マイケル・フリン氏がイランに対して警告を発しました。トランプアメリカは、オバマアメリカとは違うと、イランに対する最後通告のようにも聞こえましたが、大統領就任からまだ2週間も経っていないのに、既に戦争準備に取り掛かっているようです。まぁ、フリン氏とマティス氏は筋金入りの反イランなので、何れ戦争になるとは思っていましたが、

記事を読む

NO IMAGE

トランプ大統領は暴走するリベラリズムを止められるのか?

リベラリズムが世界を蝕んでいると批判されています。その暴走するリベラリズムを打破するためにトランプ大統領が誕生した訳ですが、早速、大統領権限がリベラルジャッジによってブロックされてしまい、これにはトランプ支持者達は怒り心頭です。逆に、リベラルは狂喜乱舞しています。トランプ大統領とリベラルの熾烈な戦いが始まっています。

記事を読む

NO IMAGE

トランプ政権が今後確実に迎えることになる3つの頭痛の種

トランプ政権で誰が実権を握っているのか?就任演説のほとんどをバノン氏が書いたと言われているように、スティーブ・バノン氏の影響が大きい事は確かなようです。問題の enhanced interrogation techniques(強化尋問テク)は、フリン氏が背後にいるらしいので、2人の影響が大きいと見られています。

記事を読む

NO IMAGE

トランプマジック:プーチンロシアは何も悪くない!DNCが悪い!

トランプ氏は相変わらず頑なにプーチン氏を盲信していますが、多くのアメリカ人が、氏のこの行動にかなりの疑問を呈しています。一部の共和党超タカ派からだけではなく、氏を応援していた人達からさえも、疑問の声が上がり始めています。プーチン氏はアメリカの味方ではなく敵という見方が大勢を占める現状を変えることはできるのでしょうか?

記事を読む

NO IMAGE

アメリカの宿敵プーチンをトランプが大絶賛

2017年1月20日以降、この二人のタイタンによって人類滅亡か繁栄かが決定されます。脅しでも何でもなく、人類が全面核戦争によって滅びる可能性は確実に存在します。doomsday clock (終末時計)というのがあって、この時計が、二人の今後の行動次第で1秒前になる可能性があるという事で、恐怖の4年間です。

記事を読む

NO IMAGE

気候変動、地球の温暖化、海洋酸性化が超深刻化!

海洋酸性化が深刻さを増しているようです。地球の温暖化、若しくは、気候変動現象は人類が抱える一番の問題と言っても過言ではありません(核拡散問題を除けば)。温暖化は人的なものなのか、ただの自然サイクルなのかは議論が分かれるところですが、海洋酸性化だけは議論の余地がなく、100%人間の仕業だと言われています。

記事を読む

NO IMAGE

五月の七日間:アメリカでクーデターの可能性!?

Seven Days in May(五月の七日間)は、1964年にアメリカで公開された映画で、ソ連とアメリカの軍縮協議を発端にクーデターが勃発するという内容みたいですが、見ていないのでよく分かりません。ただ、アメリカが近い将来、この映画と似たような状況に陥るのではないかと一部の間で実しやかに囁かれています。

記事を読む

NO IMAGE

大失態!トランプ氏が台湾の蔡英文総統と電話会談

リベラルサイトが、トランプ氏の暴挙に大騒ぎしています。1979年以来の伝統をぶち破った事への怒りにも似た彼らの反応を見ていると、トランプ氏は...

記事を読む

NO IMAGE

正義、常識、トランプ氏が目指すアメリカとは何なのか?

例えば、ルーズベルト大統領は、日本やドイツに比べれば、ソ連の方がなんぼかましやろと考えたように、実際は日本よりもソ連の方がはるかに問題国家であったにもかかわらずにです、トランプ氏も、EUよりもロシアの方がまだましと考えているきらいがあり、EUがリベラル過ぎるのが、トランプ氏には気に入らないみたいです。

記事を読む

NO IMAGE

トランプ大統領誕生で、ずばりアメリカはこう変わる!

トランプ氏がアメリカをどう変えようとしているのかは、セッションズ氏、バノン氏、フリン氏、ポンピオ氏の抜擢で推し量れます。氏は米国民をテロリストの魔の手から本気で守るつもりで、不法移民に泣かされてきた多くの自国民を救済する気満々です。公約のアメリカンファースト、アメリカファーストを律儀に守ろうとしています。

記事を読む

Page 2 of 6
1 2 3 4 6
スポンサーリンク