トランプ一覧

NO IMAGE

トランプはシリアの子供達のために第三次世界大戦を始める覚悟

イラクに侵略してサダム・フセインを葬り去ったブッシュを馬鹿呼ばわりしたトランプが、今度は自分がシリアに侵略して(実際もう侵略を始めている)アサドを葬る決意をしたみたいに伝えられていますが、アサド政権への攻撃は、ロシアへの宣戦布告を意味していることを、果たしてトランプ大統領が理解しているのかどうかを疑問視する人も散見され

記事を読む

NO IMAGE

アメリカと日本、先に医療制度が破綻するのはどっちか?

アメリカはオバマケア廃止法案が廃案になり、トランプ氏はオバマケアが破綻した後で、新しいトランプケアを作ると豪語しています。しかし、オバマケアが破綻した後で、新しい医療制度を確立するのは至難の業になるだろうと言われています。現実的なのは、オバマケアが破綻しないように修正を繰り返していくしかないと言われています。そもそも

記事を読む

NO IMAGE

post-truth(嘘も真実)な世界では真実は意味を持たない

フレーズ”alternative facts(別の真実)”は、最近、政治的な意味合いでニュースになってきていますが、精神科医達は、既にそのコンセプトには詳しく、ほぼ毎日のように患者達によって言い表されている、さまざまな形態のもう一つの現実を耳にしています。私達全てが、ほぼ毎日のように日々の生活の中で、実際の現実か

記事を読む

NO IMAGE

クーデター:トランプ政権を転覆させようとする連中がいるらしい!

非常に近い将来、ポール・ライアン氏とミッチ・マコーネル氏は、トランプ大統領に対して罷免か辞任かの2択を突き付けるだろうと、一部のリベラル達の間で噂になっています。そのリベラル達によると、最終的にトランプ氏は辞任に追い込まれ、意外とあっけないトランプ政権の幕引きになるだろうと予想していて、先行きをかなり楽観視しています。

記事を読む

NO IMAGE

ポストトランプ:トランプ大統領が罷免されるかもしれない!?

トランプ大統領の罷免が秒読み段階に入っていると、多くの反トランプリベラル達が息巻いています。中には、トランプ大統領とペンス副大統領のダブル罷免で、ポール・ライアン大統領が誕生するだろうといった、荒唐無稽の与太話を書き連ねているリベラルまでいる程です。トランプ大統領が抱えるロシア問題は、マイケル・フリン氏を解任しただけで

記事を読む

NO IMAGE

バノン氏の撒いた餌に食いついたリベラル弁護士と裁判官達

トランプ支持者達のサイト、フォーラム、ブログを色々見ていると、今回の入国厳格化大統領権限は、バロン氏がリベラル達に撒いた餌、撒き餌の可能性があるみたいです。リベラル弁護士と裁判官たちは見事にバロン氏の術中にハマったことになります。バロン氏が今回の大統領権限を作成した中心人物と見られていて、かなり奥が深い策略のようです。

記事を読む

NO IMAGE

フェイクニュース、ポストトゥルース、我々は何を信じればいいのか?

最近やたらと、ある関係筋・情報筋、あるいは、あるトランプ政権担当官等、ソース不明の情報を使った、出所不明のニュースが頻繁にネット上を飛び交っていますが、ほとんどがデタラメのフェイクニュースと言っても過言ではないと言われています。実際、ほとんどの場合、トランプ政権は、フェイクニュースとして完全否定しています。

記事を読む

NO IMAGE

フリン氏がポーランドによる白ロシアへの侵略行為を調査中!?

トランプ氏の側近の1人、マイケル・フリン氏は、ロシアのプーチン氏の側近の1人でもあると揶揄されていますが、フリン氏の動きは注視しておく必要がありそうです。フリン氏とバノン氏が目指す新世界秩序では、ロシアはアメリカ陣営にいることになっているので、今後トランプ政権がどのようにして、議会を説得してロシアとの関係を改善していく

記事を読む

NO IMAGE

イラン・コントラのエリオット・エイブラムスが国務副長官に!?

イラン・コントラ事件で有罪判決を受け、中南米でカオスを引き起して何十万人もの犠牲者を出し、何十万人もの犠牲を出した2003年のイラクに対する侵略行為にも関わっていると言われている真性ネオコンのエリオット・エイブラムス氏が国務副長官に指名される可能性が高いようです。トランプ氏は反ネオコンだったはずなのですが、変ですね。

記事を読む

NO IMAGE

イラン戦争?トランプ大統領のイランに対する我慢が限界に近い

マイケル・フリン氏がイランに対して警告を発しました。トランプアメリカは、オバマアメリカとは違うと、イランに対する最後通告のようにも聞こえましたが、大統領就任からまだ2週間も経っていないのに、既に戦争準備に取り掛かっているようです。まぁ、フリン氏とマティス氏は筋金入りの反イランなので、何れ戦争になるとは思っていましたが、

記事を読む

Page 3 of 17
1 2 3 4 5 17
スポンサーリンク