何故人は超常現象や非合理な物を信じてしまうのか?

予知・予言の類の超常現象、超能力、超心理学を信じるかどうかは、人間の能力をどこまで過信できるかにかかっています。人間の脳のパワーが凄いというのは多くの人が認めるところでしょうが、かと言って、全ての人間が凄いわけではありません。本当に脳力が凄い人間は全体の0.0001%程度です。99.9999%の人間は猿に毛の生えた程度の脳力です。サル並みの人間というわけではなく、ノーベル賞級の卓越した創造性や革新性を持つ人間は、ほとんど存在しないという意味です。ほんの一握りの超天才達が人類の文明をここまで進歩させ、ほぼ全ての人間はそれにタダ乗りしてきているだけに過ぎません。

スポンサーリンク

ビジネスにオカルトは厳禁

Modern day Rasputins

In 2010, the Sydney-based firm BBY was ranked fourth largest stockbroker in Australia. On average, it traded $150 million per day. Five years later, the company went into voluntary liquidation, owing clients about $61 million. An investigation into BBY has discovered that its insolvency went back years.

「2010年、シドニーに本拠を置く企業BBYは、オーストラリアで4番目に大きい証券会社でした。平均して、その会社は1日に150億円の取引をしていました。5年後、その会社は任意解散し、顧客に約62億円の負債を抱えていました。BBYへの調査が、その会社が何年も前から破産状態だったことを暴露しました。」

The investigation also discovered that Glenn Rosewall, the company’s executive chairman and majority owner, had been relying on the advice of professional psychic, astrologist and feng shui consultant Nevine Rottinger.

「その調査はまた、その会社の経営執行役会長で大株主だったGlenn Rosewallがプロサイキックで占星術師で風水師Nevine Rottingerの助言に頼っていたことを発見しました。」

astrologerが占星家、占星学者、占星術師、astrologistは星学家、星占い師、占星術者といったような訳になっていますが、全て同じ意味です。風水占い、星占いは日本でも人気がありますが、占いも一種の宗教のようなもんです。個人が信じる分には問題ありませんが、それを企業経営に持ち出すのは以ての外です。占いだとか、神の啓示だとか、そういったオカルト的な話は電波板でやってろという話です。

Rottinger describes herself as “a professional intuitive and an energy healer”. She made predictions about stock prices “purely intuitively”. Sometimes she also looked out a window. “I just get an image in my mind that tells me what a price may be”, she said.

「Rottingerは自分自身をプロの直感力のある・エナジーヒーラーとして表現しています。彼女は株価に対して純粋に直感的に予測を立てていました。時として彼女は窓の外を眺めていました。”ただ、今後価格がどうなるかを私に教えてくれるイメージが心の中に浮かぶだけなんです。”と彼女は語りました。」

もし本当にプロ級の直感力があれば、宝くじも当てまくりだし、宝くじで儲けた原資で株・FXでもやってれば、あっという間に資産が世界一になるでしょう。そもそも私は未来が予言できるとか言って、占い師やアドバイザーの類なんかにはなりません。

自分の超能力をそういう事に使いたくない・使えない、人助けに使うためにあるとか何とか言って、結局それを金儲けの道具にしていたり、ちょっと考えればおかしいだろ!となるのですが、信じてしまう人間が後を絶ちません。

合理的資本主義

Rottinger met Rosewall on 9 June 2009, at about 9am, later noting, “There’s a lot of nines in that”. In an email to Rosewall, she told him, “When I met you, [the] spirit asked me to hold you in the light”.

「人類史上で最も合理主義的なシステムである資本主義は、深刻な不合理を匿っています。Rottingerは2009年6月9日の午前9時頃にRosewallに出会いました。”その中には多くの9が存在しています。”RosewallへnEメールの中で、彼女は彼に”私があなたに会った時、精霊が私にあなたを光の中に留めるよう要求しました。”」

hold you in the lightは光の中で抱きしめるとか明るいところへ引き留めるとか、色々訳せますが、言っていることはみな同じで、要は暗闇から救い出すことです。キリスト教でいうところの、神を信じず暗闇の中を彷徨う人間を、明るいところへ導き出すと言った意味合いがあります。信じる者は救われるというやつですが、こういう輩は信じてはいけません。

According to court testimony, Rottinger also assisted Rosewall with his chakras, giving him incantations to recite. Rosewall, for his part, hoped that Rottinger would practise “mind over matter” in order to help the firm escape insolvency.

「法廷証言によると、彼女は彼のチャクラでRosewallを支援し、復唱するための呪文を彼に授けていました。Rosewall、彼としては、彼女が会社を破綻から救ってくれるように、精神力で乗り切ってくれることを期待していました。」

物理的な苦境を精神力で克服とか、戦前・戦中の日本のような考え方です。日本人の強靭の超精神力がアメリカの圧倒的な物量を打ち砕くみたいな例のやつです。溺れる者は藁をも掴むとは良く言ったものです。溺れないように生きるしかありません。

We might well ask how a character from Game of Thrones came to influence such large sums of money. But this question misses the point.

「我々が、ゲーム・オブ・スローンズの1人の登場人物が、どのようにしてそのような大金を操るようになったのかを尋ねるのも理解できますが、この質問は的外れです。」

王様ゲームというテレビ番組が人気のようですが、見たことがないので、何とも言えません。将棋の歩が成金になるには、敵陣に特攻する必要があるということだけは知っています。虎穴に入らずんば虎児を得ず、No risk, no return. No guts, no glory. No pain, no gain.のような先人達が残してくれた金言が胸に沁みます。

歴史と階級意識

In his 1923 masterpiece, History and Class Consciousness, Hungarian Marxist Georg Lukács explained that capitalism is a rationalistic and calculable economic system produced by humans, but which is divorced from our control and understanding. He called this reification.

「彼の1923年の最高傑作、歴史と階級意識において、ハンガリーのマルクス主義者ジョルジュ・ルカーチは、資本主義が人間によって作り出された合理主義的で計算可能な経済システムだと説明していますが、それは我々のコントロールと理解とは無縁です。彼はこの事を、具象化と呼びました。

ECB(欧州中央銀行), BOJ(日本銀行), FRB(連邦準備理事会), PBOC(中国人民銀行)によって世界の主要国の経済は完璧に支配されています。そういった意味で、資本主義はこれら中央銀行の(国民の信任を得ていない)官僚達によって完全にコントロールされています。中国も完全に資本主義と言っても差し支えありません。厳密に言えば、中国が資本主義的共産主義、欧州が資本主義的社会主義、アメリカが資本主義的縁故主義、日本は資本主義を装った縁故主義的社会主義と言えます。日本のシステムが一番メチャクチャで、なので真っ先に破綻することは目に見えています。異常でメチャクチャなことがいつまでも通用するほど、そんなに甘く世の中はできてはいないからです。

If you think about it, the market is really a series of (exploitative) human relationships. Yet, because it is out of our control, it dominates us. Lukács argued that economists try to comprehend rationally the laws of these institutions in the same way that scientists try to comprehend the laws of nature. However, because no individual capitalist, group of capitalists, or even nation can control the market, ultimately these attempts are doomed to failure.

「もしあなたがそのことについて考えた場合、市場は実際にはひと続きの(搾取的な)人間関係だと気付くはずです。にもかかわらず、それは人間の支配が及ばないために、逆に人間を支配してしまっています。ルカーチは経済化が科学者が自然法則の理解を試みるのと同じやり方でこれらの制度の法則を合理的に理解しようとしていると主張しました。しかし、個々の資本家や資本家グループ、あるいは国家でさえ、市場をコントロールできないし、最終的にこれらの試みは失敗する運命にあります。」

自然の法則には当然人間のコントロールが及びませんが、経済システムは人間が作り出したものなので支配が当然及ぶはずです。とは言っても、親は子の製造主ですが、親は子供をコントロールできないし、時としてフランケンシュタインのように製造主に反逆します。人間が生産したからと言って必ずしも人間が支配できるとは限りません。そう言った意味で、人工知能も人間をコントロールするようになると断言できます。それは金を作り出した人間が、金に完全に支配されているのと全く同じ原理です。金の集合体が資本主義だとすれば、結局は欲が人間を支配していることになり、人間の欲には際限がないので、とことん人を支配しようとするわけです。あらゆる社会システムが搾取的なのは、人間が永久に平等にはなれないし、平等になった瞬間に人類は破滅するとも言えます。何故なら、それだけの資源も食料もエネルギーも土地も水も、地球上には存在しないからです。

This is why economists are powerless to prevent (or even predict) economic crisis. Capitalism – the most rationalistic system in human history – harbours deep irrationality. Wherever reason breaks down, irrational, mystical and magical world views can get a hearing.

「この事は、経済学者が経済危機の防止(あるいは予測することさえ)に対して無力である理由になっています。資本主義、人類史上で最も合理主義的な制度が、重大な不条理を内在しています。どこで道理が崩壊しようと、不合理で超常的で魔法的な世界観は、言いたいことを聞いてもらえます。」

get a hearing in courtで裁判に持ち込む、みたいな意味合いになります。裁判で自分の言い分を述べる、みたいな感じです。get a hearingで言い分を聞いてもらう、発言の機会を得るといった意味になります。

それがどんなに不合理で不条理で理不尽で筋が通らなくても、そのメチャクチャな考え方に聞く耳を持つ人間は必ずいるます。資本主義がもはや制度とは言えない、ごく一握りの貪欲な人間達の搾取ツールに成り下がっていても、それを守るためにその他大勢の庶民を犠牲にしている現状に気付いている人間は少ないし、気付いていてもどうすることもできないのですが、もしトランプ氏が大統領に当選するとしたら、そういう腐ったシステムをぶち壊していもらいたいというアメリカ人の強い意志の現れであるとも言えます。

怪僧ラスプーチン

This isn’t uncommon in history. As revolution approached and as he ran out of options, Tsar Nicholas II famously turned to the advice of Rasputin – an alcoholic, womanising monk. Irrationalism can also coexist comfortably with cold rationalism. In addition to presidents Nixon and Reagan (who weren’t famed for their solid grasp on reality – Reagan believed in astrology), Henry Kissinger is one of the highest profile members of the “Bohemian Club”, a secretive and highly selective club that organises regular country escapes that are reported to include bacchanals and bizarre rituals.

「この事は歴史上珍しい事ではありません。革命が近付いて、他に選択肢がなくなってしまったので、皇帝ニコラス二世は、周知のように、非常識な怪僧だったラスプーチンのアドバイスに耳を傾けてしまいました。非合理主義もまた、非情な合理主義と快適に共存することができるのです。ニクソン・レーガン両大統領に加えて(確固たる現実主義者としては有名ではなかった、レーガンは占星術を信じていた)、ヘンリー・キッシンジャーは、バッカス信仰と奇妙な儀式を含むと報告されている、定期的な田舎への逃避を開催している、秘密主義で非常に選択的なクラブであるボヘミアンクラブの最も著名なメンバーの1人です。」

regular country escapesで定期的な田舎への逃避と言った意味合いになります。都会の喧騒から離れ、閑静な田舎で命の洗濯をするみたいな感じなのではないでしょうか。bacchanalsはどんちゃん騒ぎ(乱痴気騒ぎ)、バッカス信者と言った意味のようです。

プーチン大統領がラスプーチンの末裔という噂があるので、本当だったとしたら、歴史の皮肉としか言えません。怪僧と言えば、日本にも道鏡がいますが、女帝であった孝謙天皇(称徳天皇)からの信任が非常に厚かったらしいです。

ジョージ・H・W・ブッシュがレーガノミクスをブードゥーエコノミー(呪術経済政策)と称したことはあまりにも有名ですが、背景にそういう事があったからなのでしょう。その息子のジョージ・W・ブッシュがアル・ゴア副大統領の経済政策(超有名な将来の社会保障のためのlockbox)をfussy math(曖昧な数学)と揶揄しましたが、ゴア大統領が誕生していたら歴史はどうなっていたのかと思わざるを得ません。

Today, the Burning Man festival has become a Mecca for ultra-wealthy Silicon Valley entrepreneurs who want to discover the joys of “radical self-expression” (read: get off their tits and dress like extras from Mad Max III).

「現在、バーニングマン祭が、過激な自己表現の喜びを発見したいシリコンバレー起業家の超富裕層達のメッカになっています。(ハメを外してマッドマックス3のエキストラ達のような格好をするという意味)」

バーニングマンフェスティバルはネバダ州で毎年行われている祭りのようです。

A little while ago, a visiting academic at La Trobe University gave a lecture describing a system of supercomputers owned by the biggest financial firms in the US. These computers make millions of automated trades per day, transacting hundreds of billions of dollars in tiny spaces of time. The algorithms that govern these computers are so complex and performed so rapidly that each company employs someone to keep an eye on things. This person’s job isn’t to guide the computers, but to pull the plug whenever they spiral out of control.

「少し前、ラ・トローブ大学で客員講師がアメリカで最も大きい金融機関に所有されているスーパーコンピュータシステムを説明しました。これらのコンピューターは1日に何百万という自動取引を行い、ほんの僅かな時間で、数10兆円の取引を行っています。これらの計算機を統率しているアルゴリズムはあまりにも複雑で、非常に高速で実行されているので、それぞれの企業は取引状況を監視するための人間を雇っています。この人の仕事はコンピュータをガイドするのではなく、それらが手に負えない状況に陥った時即座に電源を切ることです。」

HFT(高速取引)、algo trade(アルゴ取引)と言われるやつで、高速コンピュータ(スパコン)に複雑なアルゴを瞬時に計算させて、超高速で取引を完遂する、究極の取引形態とも言えます。素人はこれに対し、堅実に取引していくしかありません。

This is probably the purest embodiment of reification I have ever heard of. Explaining why her psychic approach works, Nevine Rottinger said: “We’re made up of electromagnetic energy. We can manipulate that field … to create better outcomes”.

「これはたぶん、私が今まで聞いたうちで最もピュアな具体化の具現だと言えます。彼女のサイキックアプローチが働く理由を説明する中で、Nevine Rottingerは、”私達は電磁エネルギーで構成されていて、より良い結果を生み出すために、そのフィールドを巧みに操作することができるのです。”」

電磁場の操作で人生が変えられれば苦労はしませんが、量子コンピュータがトレードを一変させる可能性は確かにあります。違った意味で、電磁場操作によって、人類の未来がより良い方向に劇的に変わる可能性は確かにあります。

She wasn’t too far off the truth. She just wasn’t as good at manipulating electromagnetic fields as a supercomputer. So, the fact that BBY traded stocks based on psychic advice isn’t an anomaly. Rather, it demonstrates that irrationalism is the truth of capitalist rationality.

「彼女は真実からそんなに逸脱してはいませんでした。彼女はただスーパーコンピューターのように電磁場を操ることが得意ではなかっただけです。なので、BBYが、サイキックアドバイスを基にして株売買をしていた事は異常な事ではありません。むしろ、それは非合理主義が資本家の合理性の真実であることを実証しています。」

スーパーコンピューターが株や通貨を売買しているという、現在の株・FXの現実では、アルゴリズムを組み立てているのは人間だったとしても、人工知能は独自に学習して取引を構築していくので、もはやそこには人間の直感のような感覚は入り込む余地はなく、あくまでも機械的に淡々と処理は遂行されていくだけです。機械に野生の勘とも言える人間の直感を学習させるのは難しいでしょう。ただ、人間の脳を模した人間的なスパコンなら、人間の感覚や感情も習得可能になるかもしれません。遠い未来の話ですが。

人間の直感やサイキックパワーがアルゴ取引に負けたのではなく、そう言った非現実的なものを盲信した投資家の非合理性が、スパコンを駆使したアルゴ取引という超合理性に負けただけのことで、人間の愚かさを象徴する典型例とも言えます。

人がサイキックパワーやスピリチュアルなものや、超常現象を信じるのは、人の勝手ですが、それを商売に利用するのは考えものです。そういうことを生業にしている人間が、人の弱みに付け込んでいるだけの詐欺師とは言いませんが、自分には超能力がある、みたいな事を言う輩は信じない方が無難であることだけは確かです。人間に超能力はないし、ただの空も飛べない鈍足でのろまな取るに足らない猿だと思っていれば間違いないです。

スポンサーリンク

フォローする