一般英語一覧

NO IMAGE

In what is believed to be ~の訳し方

what is believed to be ~は、〜と信じられている[考えられている、見られる、思われる]もの[こと]といったような意味になりますが、これにinが付いた、In what is believed to be ~を、〜と考えられているもの[こと]において[の中で]のように訳すと何となく文がしっくり来ません。例えば、what is calledを直訳すれば、〜と呼ばれているもの[こと]と訳せますが、実際には、いわゆると訳されています。なので、そのような感じに訳せばよいのかどうかを調べてみました。

記事を読む

NO IMAGE

anesthetic/unesthetic/anaesthetic/aestheticの意味・違い

anesthetic(麻酔薬、麻痺状態の)とaesthetic(審美眼のある、美学、美意識)は非常に紛らわしいです。anestheticは米...

記事を読む

NO IMAGE

phantom effect (幻効果) とshort bursts of 〜 の意味

phantom effect(幻効果)とは、一般的には、2属性3選択肢課題において、選択不可能の幻の選択肢が存在することにより、その他の選択...

記事を読む

NO IMAGE

triangulate (triangulation)が持つ政治的な意味と用法を考察する

triangulateは、一般的には、〜をといった意味なのですが、この英単語には政治的な意味もあり、その意味が非常に曖昧なものになっているの...

記事を読む

NO IMAGE

nothing less thanとnothing more thanの意味・用例

nothing less thanは、オンライン版ロングマン現代英英辞典によると、〜以外の何ものでもない, 〜にほかならないと意味が定義されていて、His rescue is nothing less than a miracle. 彼の救出は奇跡以外の何物でもない。という例文が掲載されています。

記事を読む

NO IMAGE

never cease to amaze / never fail to amazeの意味・用例

never cease to amazeとnever fail to amazeは、主語にはいつも驚かされるといった意味になります。neverとcease to (fail to)の二重否定になっていて、驚かさないことがない = いつも驚かす(驚かされる)、驚かされてばかりいるという意味になるというわけです。

記事を読む

NO IMAGE

At the margin, eleventh-hour, more likely than notの意味・用例

At the marginはどういう意味なのか?端っこで、(社会の)末端の、余白に等の意味になることは分かりますが、このフレーズが文頭に置か...

記事を読む

NO IMAGE

intersectionality(インターセクショナリティ)とableist(エイブリスト)の意味

intersectionality(インターセクショナリティ)は、さまざまな種類(性別、人種、年齢等)の差別が互いにリンクし相互に影響を与え...

記事を読む

NO IMAGE

leakerとwhistleblower(hoaxblower)の意味・違い・使い分け

leakerとwhistle-blowerに違いはあるのか?hoaxblowerとは何なのか?トランプ大統領の弾劾公聴会に対し、保守系サイト...

記事を読む

NO IMAGE

AOC dunks on GOP for beclowning themselvesのbeclownとdunk onの意味

beclownは、be clownと考えれば、ピエロになると訳せるので調べまでもない英単語なのですが、ネットで調べても日本語の意味は出てきま...

記事を読む