一般英語一覧

NO IMAGE

orchestrateとset in motionの意味・違い・用例

orchestrateとset in motionには意味上の違いはあるのか?例えば、You orchestrated this all. ≅ You set this all in motion.(これは全部おまえの仕業だ。)の公式が成り立ちますが、両者には明確な意味の違いが存在します。

記事を読む

NO IMAGE

Is he good for this?におけるbe good forの意味

アメリカのChicago P.D.やLaw and Orderシリーズを見ていると、たまに、Is he good for thisといったような台詞を耳にすることがあります。この台詞は、刑事が誰かを疑う時に使われていて、thisは犯罪のことを指します。この場合のbe good forはどういった意味になるのかを考察してみたいと思います。

記事を読む

NO IMAGE

err on the side of, if at all, tell on meの意味・用法

英国の小説家、劇作家、評論家であるArnold Bennett (アーノルド・ベネット)著の<em>Mental Efficiency</em>(1911年)に次のような一文があります。"I fancied I was erring, if at all, on the side of 'really,' and I trembled." この文のerring on the side of 'really,'と、if at allの意味を調べてみました。

記事を読む

NO IMAGE

スマホの電池使用量に-5という怪しいアプリが出現!

実質ゼロ円の楽天ハンドを購入してから早数日。バッテリーの持ちが異常に悪いので、何気なく電池使用量を見てみると-5という名の非常に怪しい謎のアプリが電池を激しく消費していることに気が付きました。-5 (マイナス5)なんていうアプリはググっても当然出て来ませんし、バッテリーを激しく消費させているこの限りなく怪しい謎のアプリは一体全体何なのか気になって眠れなかったので色々調査してみました。

記事を読む

NO IMAGE

In what is believed to be ~の訳し方

what is believed to be ~は、〜と信じられている[考えられている、見られる、思われる]もの[こと]といったような意味になりますが、これにinが付いた、In what is believed to be ~を、〜と考えられているもの[こと]において[の中で]のように訳すと何となく文がしっくり来ません。例えば、what is calledを直訳すれば、〜と呼ばれているもの[こと]と訳せますが、実際には、いわゆると訳されています。なので、そのような感じに訳せばよいのかどうかを調べてみました。

記事を読む

NO IMAGE

anesthetic/unesthetic/anaesthetic/aestheticの意味・違い

anesthetic(麻酔薬、麻痺状態の)とaesthetic(審美眼のある、美学、美意識)は非常に紛らわしいです。anestheticは米...

記事を読む

NO IMAGE

phantom effect (幻効果) とshort bursts of 〜 の意味

phantom effect(幻効果)とは、一般的には、2属性3選択肢課題において、選択不可能の幻の選択肢が存在することにより、その他の選択...

記事を読む

NO IMAGE

triangulate (triangulation)が持つ政治的な意味と用法を考察する

triangulateは、一般的には、〜をといった意味なのですが、この英単語には政治的な意味もあり、その意味が非常に曖昧なものになっているの...

記事を読む

NO IMAGE

nothing less thanとnothing more thanの意味・用例

nothing less thanは、オンライン版ロングマン現代英英辞典によると、〜以外の何ものでもない, 〜にほかならないと意味が定義されていて、His rescue is nothing less than a miracle. 彼の救出は奇跡以外の何物でもない。という例文が掲載されています。

記事を読む

NO IMAGE

never cease to amaze / never fail to amazeの意味・用例

never cease to amazeとnever fail to amazeは、主語にはいつも驚かされるといった意味になります。neverとcease to (fail to)の二重否定になっていて、驚かさないことがない = いつも驚かす(驚かされる)、驚かされてばかりいるという意味になるというわけです。

記事を読む