一般一覧

NO IMAGE

not the least of which、not the least of ~ の意味

not the least = 少しの~もない、という意味なので、例えば、not the least of these という熟語があったとしたら、少しのtheseもないという意味になり、theseの部分は、theseが受ける単語が入ります。しかし、文脈的に、この訳だとおかしい場合があり、この訳以外の訳が存在すると

記事を読む

NO IMAGE

dial upにはダイヤルアップ接続以外の意外な意味があった

dial up(dial-up, dialup)という熟語(英単語)を辞書で調べると、一昔前のダイヤルアップ接続の事を意味していることが分かります。一方、dial downを辞書で調べてみると、トーンダウンする、(~のレベル)を抑える、といった意味になっているので、dial upの方にも、当然それと似通った、真逆の意味

記事を読む

NO IMAGE

名言:Deception by an omission of the truth is as bad as a lie

事実の省略による誤魔化しは、嘘と一緒です。例えば、今アメリカで問題になっている、トランプ政権関係者達が、ロシア関係者と接触を持った事実を報告しなかった行為が、まさにこの名言に当たります。ロシアとコンタクトを取った事実を省くことは、コンタクトを取っていないと嘘を付くのと変わらないという意味になります。あくまでも、意図的に

記事を読む

NO IMAGE

シンドラーのリスト:1人を救う者は世界を救う(タルムード)

1993年に悲願のオスカー作品賞を受賞したSchindler's list(シンドラーのリスト)は、スティーブン・スピルバーグ監督の珠玉の一作となっています。作品終盤に、ベン・キングスレー扮するイザック・シュターンがオスカー・シンドラーに指輪を渡すのですが、その指輪にヘブル語で彫られた言葉、Whoever saves

記事を読む

NO IMAGE

パーセントと倍の違い:800%増 = 8倍増じゃない!?

800%増 = 8倍の事だとずっと思っていたのですが、本当は9倍のことだったという驚愕の事実を初めて知って、自分のあまりの無知蒙昧っぷりに驚いています。percentという英単語は意外と曲者で、中学生レベルの初歩中の初歩の単語であるにもかかわらず、結構奥が深いのでかなり当惑させられています。そもそもよく考えれば非常に

記事を読む

NO IMAGE

研究が足りないはunderstudied or under-studied?

understudyが、代役、代役を務める、といった意味になるのは初耳でした。under studyが研究中というのはさすがに分かるのですが、understudyは普通に考えれば、研究不足という意味になるのは自明の理なのに、辞書的な意味はそうなってはいません。何か納得がいかないので早速調べてみることにしました。

記事を読む

NO IMAGE

base、No muss, no fuss、Sarcasm aside、whole number 意味

base 2のbaseを日本語訳すると何になるのかググっていたら、まず最初に目についたのが底2という訳でした。さらに調べると基数2という訳も出てきました。どっちが良いのか悩むところですが、検索ヒット数で比較したい場合、底2の方が基数2よりも若干多かったので、底2の方がいいのかもしれません。

記事を読む

NO IMAGE

All that to say, You got meの意味(勝手な訳)

海外サイトのニュースサイトやフォーラムなんかを見ていると、頻繁に意味の分からない英単語やイディオムと出くわすのですが、私は高価な英語に特化した電子辞書などを持てる身分ではない貧乏人なので、ググッて調べるしか手段が無いわけなのですが、ググっても的を射ないケースが多く、ホトホト困り果ててしまうことが多々有ります。

記事を読む

NO IMAGE

マイクロソフトは何故リンクトインを2.7兆円で買ったのか?

MicrosoftによるLinkedInの買収劇はみなの度肝を抜きました。それはあまりにも高額で遭ったのと同時に、何で?という思いが非常に強かったからです。多くの人が今回の買収を馬鹿げ過ぎていると嘲笑しています。MSは何を考えているんだ?意味不明と言ったような意見が圧倒的に多い中、プラスの意見を見ることはとても稀です。

記事を読む

NO IMAGE

more than, over, less than, under, at least, at most, 以下、以上、未満

今日は inequality symbols (不等号)が、英語でどのように表現されるのかを調べてみることにしました。日本語だと、x>2(xは2より大きい)、x<2(xは2より小さい、xは2未満)、y≤3(yは3以下)、y≥3(yは3以上)、のように表現します。

記事を読む

Page 1 of 7
1 2 3 7
スポンサーリンク