健康一覧

NO IMAGE

有酸素運動がオートファジーを促進して弱った心臓を強くする

規則的な運動が、心臓が、体の要求を満たす、十分な血液を送り出すことができない、心不全の重要な治療形態と考えられています。運動の効果は、カヘキシー(悪液質、深刻な体重と筋肉の減少)や動脈圧制御から、心機能向上にわたり、進行性心臓細胞死を引き起こす、退行変性過程を遅らせます。心不全患者の約70%は、5年以内に、その病気が

記事を読む

NO IMAGE

抗生物質が腸内細菌叢(腸内フローラ)に干渉して免疫力を弱める

新しい研究が、腸内細菌の多様性を損ねることが、病気と戦うための免疫系の能力に悪影響を与えることを示唆していて、医者が抗生物質の乱用を慎むべき、もう一つの理由が付け加えられています。バージニア大学医学部の研究者達が、抗生物質の使用が、免疫細胞の一種である好中球が、感染(症)に対抗する能力を弱め、人体に侵入する微生物への

記事を読む

NO IMAGE

白血病にカカドゥプラム:ビタミンCが血液癌幹細胞自壊に導く

ビタミンCが、骨髄中の自暴自棄になった幹細胞に、無意味に増殖して血液がんを引き起こすのではなく、ちゃんとした大人になって、まっとうに平凡な一生を終えるように説き伏せることができる可能性がある事を、セル誌にオンライン掲載された、ニューヨーク大学ランゴン医療センター・パールマターがんセンターの研究者達による研究が示唆して

記事を読む

NO IMAGE

Takinib分子が画期的な癌治療薬になる可能性を秘めている

デュークヘルスの研究者達によって開発された薬に似た分子が、一部の癌、間接リウマチやクローン病を含む、さまざまな病気の中心にある(病気の主要因になっている)、炎症反応を仲介できる可能性が高いみたいです。新たに開発された分子は、Takinibと呼ばれ、組織に起こる炎症の主要原因である

記事を読む

NO IMAGE

母親のメチオニン過剰摂取が子供の統合失調症の原因

肉、チーズ、豆類に多く含まれるメチオニンと呼ばれるアミノ酸の存在量が、統合失調症を発症する胎児脳の発達に対する、新しい手掛かりを提供する可能性があることを、カリフォルニア大学アーバイン校薬理学部の研究員達が、Molecular Psychiatry誌に発表しています。

記事を読む

NO IMAGE

高カロリーで栄養に乏しい食事が肥満関連癌のリスクを増加させる

食事は、がんリスクの一因になっていると考えられています。癌の推定30%が、栄養の改善によって防げる可能性があることを、最近の研究が示しています。肥満とある種の癌の因果関係が証明されている一方で、エネルギー対食品重量比率(別名食品エネルギー密度(DED)として知られている)が、癌リスクの一因になる仕組みについては

記事を読む

NO IMAGE

心臓病、糖尿病、心血管代謝疾患の予防には運動が効果的

Frontiers in Physiologyに掲載された新しい研究が、High-Intensity Interval Training(高強度インターバルトレーニング、HIIT)が、個人のインスリン耐性レベル(糖尿病の主要危険信号)にかかわらず、2型糖尿病の発症リスクを低減するための、効率的かつ効果的な方法であること

記事を読む

NO IMAGE

アーモンドが善玉コレステロールを増やして心臓病リスクを低減

研究者達は、アーモンドを規則的に食べることが、血中HDLコレステロール値を増加することに役立つ可能性があるだけではなく、同時に、体内からコレストロールを取り除くやり方も改善させると言っています。今回の研究の中で、研究者達は、アーモンドを日常的に食べている人達のhigh-density lipoprotein

記事を読む

NO IMAGE

抗菌剤等に使われるトリクロカルバンが胎児や乳児に悪影響を与える

ローレンス・リバモア国立研究所の研究者達が、石鹸やローションのようなパーソナルケア製品だけでなく、医療分野においても広く使われている抗菌性化学物質である、トリクロカルバン(TCC)の環境濃度への暴露が母から子に移り、脂質代謝に干渉する事を発見しています。

記事を読む

NO IMAGE

イタイイタイ病で有名なカドミウムが子宮内膜癌発症リスクを高める

31000人以上の新しい子宮内膜癌患者が、2017年に診断される予定です。PLOS One誌に現在掲載中の5年間の観察研究により、ミズーリ大学の研究者達は、腎臓、肝臓、甲殻類等の食品や煙草に含まれることが多い金属、カドミウムの水準が高い女性が、子宮内膜癌のリスクが高まることを発見しています。それは、研究者達が期待して

記事を読む

Page 1 of 27
1 2 3 27
スポンサーリンク