健康一覧

NO IMAGE

高齢者の不安症状の悪化はアルツハイマー病の前兆かもしれない

アミロイドβタンパク質レベルと不安症状の悪化の間に、何らかの関連性がある事を、新しい研究が示唆しています。今回の研究成果が、神経精神症状が、...

記事を読む

NO IMAGE

毎日トマトやリンゴを食べて肺機能改善と肺の老化速度を遅らせる

ジョンズ・ホプキンス大学ブルームバーグ公衆衛生大学院による研究が、10年という期間における肺機能の経年劣化が、トマトやフルーツ、特に林檎を良く食す元喫煙者の間で、緩やかであることを見いだし、これらの食品に含まれるある種の成分が、長年の喫煙に起因する肺への損傷を治癒する手助けをしている可能性があることを示唆しています。

記事を読む

NO IMAGE

ブルーベリー酢が(記憶喪失のネズミにおいて)記憶力を向上させる

認知症は、世界中の多くの人々に、彼等から思考力と記憶力を奪い、彼等がかつて送っていた生活さえも奪い去ることで、かなり深刻な影響を与えています。認知機能低下に対する新たな対抗策を模索する中で、ブルーベリー酢が、何らかの助けになる可能性があることを、科学者たちがJournal of Agricultural and

記事を読む

NO IMAGE

家族の食事の時間の不足は子供を非行に走らせる原因になる

かつて鍵っ子なる言葉が流行った時代がありましたが、あの時の鍵っ子達が、その後どのように成長したのか興味深くもあります。当時は今と違って、ほとんどの企業が土曜日が休みではなかったので、土曜日に鍵っ子の家に行くと、当然、土曜日は給食がないので、家にパンやお菓子やカップ麺が置いてあり、友達と二人でそれをランチにした記憶が

記事を読む

NO IMAGE

健康寿命:長生きはしたいが健康であることが条件という高齢者が多い

寿命が延びても健康でなければ意味がないと考える人達が多いようです。例えば、寿命が75の人と90の人がいたとして、75まで健康な人生を送れた人と、90まで生きられても、75~90までの15年間が寝たきりだったとしたらどうでしょう?90まで生きた人は、寿命が75の人に比べて幸せな人生を送れたと言えるでしょうか?生きている

記事を読む

NO IMAGE

猫吉に朗報!脳を操るトキソプラズマは降圧剤で退治できるらしい

人間の脳を操って、感染した人達に非道な行為をさせると言われている、恐ろしい寄生虫トキソプラズマですが、どうやら死角があったようです。しかし、この、主に猫から人に寄生するトキソプラズマは、世界人口の3分の1~半分が感染していると言われていて、こんなもんが脳に寄生しているのかと思うと生きた心地がしない人も多いのではない

記事を読む

NO IMAGE

キャノーラ油摂取はアミロイド斑を増加させるので脳にかなり有害

カノーラオイルは、世界で最も広く使われている食用油の1つなのですが、意外にも、その健康への影響はほとんど知られていません。今回、テンプル大学ルイス・カッツ医学部の研究者たちによってScientific Reports誌にオンライン掲載された新しい研究が、アルツハイマー病モデルマウスにおいて、キャノーラオイルの食事摂取と

記事を読む

NO IMAGE

散歩は体に良いが大気汚染が散歩の運動効果を相殺してしまう

1日30分週5日の散歩が体に良いとされていますが、歩く環境によっては、その散歩の運動効果が剥落してしまうようです。都市部の大気汚染が酷い地域は、散歩時に汚れた外気を大量に吸い込むことで、逆に健康を害する可能性があるらしく、特に、PM2.5(2.0, 1.0, 0.1)や黄砂や排気ガス、工場排煙などのさまざまな汚染物質が

記事を読む

NO IMAGE

ココナッツオイルやバターに多い飽和脂肪(酸)はやはり体に悪かった

飽和脂肪が体に悪いことは、今や世界の常識になっていますが、とは言っても、バターにしても卵にしても、生クリームにしても、チーズや肉にしても、とにかく飽和脂肪を豊富に含む食品は美味いものが多過ぎるので、大量に摂取するのも止むを得ないと言えます。これからクリスマスに向けて、飽和脂肪を大量摂取する機会がますます増えていきます。

記事を読む

NO IMAGE

歯磨きをしっかりすることで歯周病と食道癌を同時に予防できる!

ニューヨーク大学ランゴン医療センターパールマター癌センターの研究者達は、アメリカ人の口の中に棲息している、少なくとも3種類の細菌が、食道癌発症リスクを高めたり低めたりしている可能性があると言っています。口内細菌は、日本の国民病とも言われている、歯周病の原因になっているだけでは飽き足らずに、食道癌の原因にまでなっている

記事を読む

Page 1 of 36
1 2 3 36
スポンサーリンク