心理一覧

NO IMAGE

この世の中には人の好意や援助無しで成功する人間は1人も存在しない

もし、あなたが、高いモチベーションを持ち、個人的な成長目標を積極的に追い求める幸運の持ち主の1人だとしたら、あなたを支えてくれている家族や友人達に感謝しましょう。自分達の関係を協力的だと考えている人々は、自信を持って自己成長のために精進する傾向を持つことを、ミシガン大学による新しい研究が示唆しています。

記事を読む

NO IMAGE

BNSTでの愛情ホルモン・オキシトシン阻害が社会不安を抑制する

ストレス緩和や社会生活を向上させる目的で、抱擁ホルモン・オキシトシンを買う前に、カリフォルニア大学デービス校による、Biological Psychiatry誌にオンライン掲載された研究結果が、脳内オキシトシン活性を阻害することが、時として、より良い選択肢になり得ることを示していることを知っておいた方がいいかも

記事を読む

NO IMAGE

知的少女効果:年齢・性別・知的水準によるマインドセットの違い

新しい研究が、男女が、自分自身の知能をどう見ているかについての、長年信じられてきた仮説に意義を唱えています。若い女性達が、自分で知力の限界を設定する、いわゆる聡明少女効果が、成人には見られないことを、ケースウエスタンリザーブ大学による新しい研究が示しています。

記事を読む

NO IMAGE

脳の活動パターンが精神的ストレスが心血管に与える影響を予測

脳は、心臓病リスクを高める血圧の上昇などの、身体的反応を予測するストレスフルな出来事の間、特有の活動パターンを示す可能性があることを、米国心臓協会/米国脳卒中協会のオープンアクセスジャーナル、Journal of the American Heart Associationの新しい概念実証研究が示しています。

記事を読む

NO IMAGE

貧乏で社交的な人ほど現実逃避から分不相応の生活をしたがる

低収入で社交的な人ほど、内向的な同輩に比べ、経済的底辺を埋め合わせるために、より贅沢な品を購入することが、ユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドンによる新しい研究が明らかにしています。Psychological Science誌に掲載された研究は、貧乏人と金持ちの、性格別消費性向を調査するために、英国の銀行口座からの実際の

記事を読む

NO IMAGE

小児肥満症は精神疾患である可能性があるらしい

ロサンジェルス小児病院発達精神研究所所長で主任研究員のブラッドリー・ピーターソン博士を含む研究チームは、スリムな若者達と比べ、太り過ぎの若者達の食物手がかりへの神経反応を詳しく調べるために、fMRI(機能的磁気共鳴映像装置)を使いました。研究チームは、食物刺激が、全ての群の報酬・感情に関わる脳領域を活性化させる事を観測

記事を読む

NO IMAGE

人間心理:レビュー数が多い=人気がある=右に倣えの傾向がある

私達が、どのスマホケースを買うか、どのホテルの部屋を予約するかを決める時、他の人の評価や口コミをあてにすることが多々あります。しかし、新しい研究が、私達は、実は私達に不利になるようなやり方で、この情報を使ってしまう傾向が強いことを示唆しています。

記事を読む

NO IMAGE

女性の社会進出:女性が世帯の稼ぎ頭になることの社会的弊害

先進国や中興国に多く見られる少子化の原因は、適齢期年齢の男性の経済的な不安定性にあると指摘されています。アメリカでは、大学を卒業した男性達が、実家に戻って親と一緒に暮らす若者が増えていて、結婚どころではないと言われています。アメリカでは、黒人女性の非嫡出率が70%を越えているという衝撃的なデータがありますが、先進国では

記事を読む

NO IMAGE

反応時間の個人内変動の大きさを測る指標が寿命予測因子になる

高齢者間の神経生物学的障害の一般的な指標が、ニューサウスウェールズ大学健康脳加齢センターのニコール・A・コーチャン氏によって、オープンアクセスジャーナルPLOS ONEに掲載された研究によると、死亡率とも関係している可能性があるみたいです。

記事を読む

NO IMAGE

ディールメーカー:ネゴ(交渉)上手になるにはどうすればいいのか?

人生はネゴ次第で、バラ色にも灰色にもなりますが、ネゴを有利に進めるにはどうすればいいのでしょうか?ネゴ上手になれば、例えば、恋愛や買い物等の場面で、自分に好都合の結果を得ることができます。不細工でも美しい彼女を持てるかもしれないし、高い買い物も極限まで値引けます。全ては交渉次第(口八丁手八丁)だということのようです。

記事を読む

Page 1 of 8
1 2 3 8
スポンサーリンク