健康一覧

NO IMAGE

耳掃除は超危険!綿棒で救急搬送される子供が多いらしい

綿棒は、家の掃除、クラフト、化粧品の塗布なんかに利用できる一方で、不幸な事に、子供達の怪我の原因にもなってしまっています。ネイションワイド小児病院の研究者達によって実施された研究が、1990年~2010年の21年間にわたり、18歳未満の推計263000人の子供達(毎年約125000人か毎日34怪我)が、米国内病院の

記事を読む

NO IMAGE

ふくらはぎのストレッチが末梢動脈障害の痛みを大幅に緩和

簡単なふくらはぎの筋肉のストレッチが、歩行時の足の痛みを緩和して、末梢動脈障害を抱えている人々の血流を増加させてくれるかもしれないことが、American Heart Association(米国心臓協会)主催の学術会議 (American Heart Association's Arteriosclerosis

記事を読む

NO IMAGE

シナモンが高脂肪食による体重増加と心血管損傷を防げる!?

シナモンが、人の抗酸化・抗炎症系を活性化させて脂肪貯蔵過程を減速する事によって、高脂肪食の心臓血管ダメージリスクを軽減する可能性があることを、米国心臓協会主催の学術会議 (Arteriosclerosis, Thrombosis and Vascular Biology | Peripheral Vascular

記事を読む

NO IMAGE

抗生物質に頼らなくても先天性免疫で感染症は十分防げる!?

ルンド大学皮膚病学の研究者達は、怪我の際、感染が体中に制御不能で広がることを、即座に抑止できる理由の謎を解明したと考えています。彼らは、この知識が、細菌に対抗するための新しい方法を開発するのに使える、臨床的重要性を有している可能性があると信じています。”もしかすると、我々は、抗生物質を使って滅菌する必要はなく、単純に

記事を読む

NO IMAGE

副作用皆無で糖尿病の完治を可能にした画期的治療法!

1型糖尿病を治癒可能な治療法がサンアントニオで開発間近で、その画期的な手法は、2型糖尿病患者がインスリン注射を止めることも、同時に可能にしてくれそうです。テキサス大学健康科学センターヒューストン校(現テキサス大学ヘルスサンアントニオ校)でなされた発見は、インスリンを分泌する膵臓細胞の種類を増やすことを可能にしています。

記事を読む

NO IMAGE

オメガ3脂肪酸のDHAが血液脳関門の健全性を維持している

食品化合物として、その健康効果が大きく喧伝されているオメガ3脂肪酸は、現在、血液感染性の細菌や毒素、他の病原菌から中枢神経系を保護する、血液脳関門の健全性を維持するのに極めて重要な役割を果たしているようにも見えることを、Neuron誌に掲載されたハーバード・メディカル・スクールによる新しい研究が明らかにしています。

記事を読む

NO IMAGE

失明の最大の原因の糖尿病と緑内障を検知するコンタクトレンズ

UNIST(ウルサン科学技術大学校)が関わっている最近の研究が、ワイヤレススマートセンサー搭載コンタクトレンズを装着することによって、その場で、簡単に人の健康を監視する可能性を提唱しています。本研究の中で、研究チームは、intraocular pressure(眼圧、IOP)や真性糖尿病、他の健康状態に対する

記事を読む

NO IMAGE

女性必見!スーパーフード・アボカドの凄まじいダイエット効果

アボカドを食べる人と食べない人を比べている、米国国民健康栄養調査(National Health and Nutrition Examination Survey, NHANES)のデータの新しい分析が、普段からアボカドをよく食べることが、総合的により健全な食事や、より多くの必須栄養素の摂取、低体重、低BMI

記事を読む

NO IMAGE

ローズマリーアロマが子供の記憶力(学習効率)を大幅アップ!

ローズマリーエッセンシャルオイルの匂いを嗅ぐことが、子供のワーキングメモリを著しく高めてくれることが、英国心理学協会の年次会議でプレゼンされた、ノーザンブリア大学のマーク・モス博士とビクトリア・アール博士による研究が示唆しています。マーク・モス博士は、”我々の過去の研究が、ローズマリー芳香油のアロマが

記事を読む

NO IMAGE

日焼け止めが人類のビタミンD不足蔓延の原因だった!

冬場は、1日2時間近く日光浴しないと、十分なビタミンDを獲得できないと、既に過去に書いているのですが、人体が日光浴を通じてビタミンDを合成するためには、当然、ある程度の面積の素肌が太陽光に直接当たる事が前提で、しかし、例え素肌であったとしても、日焼け止めが塗られていると、ビタミンD合成能力は著しく損なわれるみたいです。

記事を読む

スポンサーリンク