一般一覧

NO IMAGE

果物の種を表す英単語seed, pit, pip, stoneの使い分け方

一般的に、種は表す英単語はseedですが,それ以外にも、pip, pit, stone(正確には種を覆う殻や内果皮のことらしい)という英単語も使われています。例えば、pitted oliveと言えば、中の種をくり抜いたオリーブの実を意味します。この4つの単語は、果物の種類によって使い分けられる必要があるみたいなので

記事を読む

NO IMAGE

in no time, at no time 意味と違い、think better of 意味

in no timeとat no timeは紛らわしいイディオムです。in no timeが瞬く間にといったような意味なのに対し、at no time = neverで、全く意味が違ってきます。think better ofという熟語も意外と曲者で、on second thought(考え直して)という意味の他に

記事を読む

NO IMAGE

grade intoの意味と用法、grade schoolの意味

英単語のgrade(等級、学年、評価、傾斜)は基礎中の基礎単語で、日本ではグレードという言葉がすっかり定着しています。このgradeという単語は、簡単なようで、実は意外と意味不明の用法があるので、今回は、この初級レベルの英単語について調べてみました。

記事を読む

NO IMAGE

staffの複数形staffs/stavesの使い分けとstuffの複数形

staff = スタッフとstuff = 物は、非常に紛らわしい英単語ですが、staffsとstavesは、さらに輪をかけて紛らわしいです。どっちもstaffの複数形なのですが、どっちの単語を使えばいいのか分からないし、この2つの複数形に意味上の違いはあるのかを調べてみました。

記事を読む

NO IMAGE

roofの複数形はroofsとroovesのどちらが正しいのか?

例えば、knifeの複数形はknives、leafの複数形はleavesですが、roofはroovesなのかという疑問が生じました。辞書で調べるとroofの複数形はroofsと出てきますが、最後のfやfeをvesに帰るというルールから言うと、roovesの方が正しいようにも思えますが、実際は、roofsが正しいみたい

記事を読む

NO IMAGE

企業にとっては致命的に有害なパワハラ上司は何故解雇されないのか?

企業にとって、パワハラ上司ほど、無用の長物は存在しません。そんなもんを後生大事に抱え込んでいる企業(上層部)は頭がおかしいとしか言えません。上司の資質で最も重要なのは、部下から尊敬されることで、尊敬するに値しない欠陥人間を、昇格させること自体有り得ません。何でこんなチンピラみたいな輩をいつまでも雇っているのかと

記事を読む

NO IMAGE

ホスファチジン酸ホスファターゼが人の健康に重要な役割を果たしている

ホスファチジン酸ホスファターゼとして知られる酵素が、人体の脂肪の量を調整するのに非常に重要な役割を担っているのは有名な話です。従って、それをコントロールすることは、肥満対策の関心事になっています。しかし、ラトガース大学ニューブランズウィック校の研究者達は、今回、完全にその酵素を除去することが、がんや炎症、他の疾患リスク

記事を読む

NO IMAGE

英単語envyとjealousy、この2つの単語の本当の違いとは

今までenvy = jealousy = 嫉妬、妬み、羨望だと思っていましたが、どうやら、この2つの単語には決定的な違いがあったようです。envyと言えば、キリスト教のseven deadly sins(7つの大罪)のうちの1つで、ブラピ出演映画Se7en(Seven)の最重要単語でした(犯人のJohn Doeが

記事を読む

NO IMAGE

I think the take-home is thatのtake-homeの意味

I think the take-home is that ~ に使われているtake-homeという単語の意味を辞書で調べてみました。英単語 take-homeは、(何かを)自宅に持ち帰って自宅で行う、例えば、宿題みたいな意味合いですが、他にも、手取りの(収入)みたいな意味合いもあります。しかし、上記の英文には

記事を読む

NO IMAGE

not the least of which、not the least of ~ の意味

not the least = 少しの~もない、という意味なので、例えば、not the least of these という熟語があったとしたら、少しのtheseもないという意味になり、theseの部分は、theseが受ける単語が入ります。しかし、文脈的に、この訳だとおかしい場合があり、この訳以外の訳が存在すると

記事を読む

Page 7 of 14
1 5 6 7 8 9 14